横須賀線に乗り、逗子方面へ向かいます。
いくつかのトンネルを抜けて進んで行きます。
海に反射する光と潮の香りがあなたの頭を満たします。

----------------

今世紀最大に金がないですww
けどすぐなんとかなると思います。その代わり今世紀最大に多くの女性と速く深く自然に繋がれています。
禁欲なんて知らなかった10年以上前だとアニメか村上春樹の小説の中くらいでしかないんじゃね?っていうような
そんな世界です。

射精禁は続いていて、これは今後も継続していくと思います。
オナ禁エロ禁は徹底しつつ、接して漏らさずのスタンスを保って1回の行為を長くお互いにとってクオリティの高いものにします。
いろんな想像力や気や呼吸の読み合いが要りますし、体もフルに使うので全体的に活性化しますね。

-----------------

全体的に活性化されていくにしたがって、ステージがどんどん変わっていくと思います。
具体的に言えば職が変わりましたし、僕がイメージしていた状態にどんどん近接しています。

最終的に符合した状態を常に前提にして堂々と生きます。
2017/06/17(土) 16:31 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)
自分の個性を均質化させないことで、違う他者とのコミュニケーションの質と量を加速させていきます。

最近は肛門引き締めをかなりものにしてきた結果、
夢精なし、射精なしのsex、エロ禁
を同時に行ながらの現在37日目です。

夢は普通にみてます。夢日記もかけており、丹田強化の氣功も行なっております。

軌跡はどうであれ、また着地点もどうであれ(そんなものあるのだろうか)
プロセスを全て楽しんでおります。

2017/05/27(土) 16:07 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)
禁欲実践者が少ないのは周知の事実ですが、因果関係はないので、結局幸せとは関係ないです。

けど僕はどっちかというとしない方がはるかに気分がいいし、
射精しない方が性的充足がはるかに大きいので実践していますね。

多分これからはさらにアドバンスドで、現代版の房中術が必須ツールとなってくると思います。
肛門引き締めことクンバハカのような方法で射精せずにキープできるので、
ここを徹底的にやっています。

そうすると下丹田がかなり強化させる(これだけでは不十分で、何かしら気功をする必要がある)ことができるので、
毎日欠かさず常にケツ締めましょう。

必要、が先にあってプロセスが生まれています。
現状、は過去の投影なので、どんなに悪くても拘泥せず、どんなに良くても執着せず。

そうすれば全力でマックスの幸福の只中にいたことを思い出します。
2017/05/20(土) 03:01 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)
なんとなく更新です。GWいかがおすごしでしょうか。
人生の転機が3つ分くらい一気に来ています。イメージしてきたことすべて現実化しようと思います。

そういえば、長期禁欲において危惧されるペニスが小さくなってしまうことに関して僕はNoと言いたいです。
ソースは自分自身なんですけど、20歳前後(長期禁欲者だった)の頃は小さめ〜標準サイズの15cmくらいだったんですが、
今では風俗店の女性(100人以上のペニスは見て来ている)に何人にも驚かれるくらいのサイズ感になりました。

ハーブやマッサージ、筋トレなどの併用も重要と思います。
精力やペニスの硬度やサイズを増大しつつ冷静な判断力をもつ禁欲プレーヤーでありたいです。
早漏がちにはなってしまいますが、イメージと呼吸、筋弛緩で性行為自体はまた驚かれるくらいに長くもちます。

なのでセックスのフィジカル的な部分、スキル的な部分ではほとんど全部願望達成しました。
射精が目的ではない禁欲者であるという前提が一番ふつうと違うと思います。
禁欲ブロガーなのでふつうですけど。

今では性行為許容なので中期禁欲者っていう感じでしょうか。それでもオナニーの射精は1年半以上していないと思います。
いろんな意味で不要なのです。

自慰行為射精によって、
目も手も心も脳も体も疲弊してしまうという人生において小さいけど大きなウィークポイントを
克服しているのでなんでもどうにでもなる感ありますね。

男女ともに安定感のある評価を得ることが難くないです。


ただある意味、普通の刺激や快感では満足できなくなってくるので、
オリジナルな生き方を模索せざるを得なくなると思います。

そこそこリア充なものでよければ定期オナニーありのいわゆる減オナ、射精ありのsexが一番わかりやすいと思います。
パラレルとか心身の質的、霊的な充実などを追究するとき、
その扉に手をかけるために梯子を用意する必要があり、その土台に射精しない思考、習慣、体がマストになってくるのかなと。
2017/05/03(水) 04:25 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)
あとはなんていうか勝手に評価ageは禁欲者あるあるだと思うんだけど。
そのとき感じる満足と虚しさがほとんど痛みに近いっていうのは僕だけじゃなくて誰しもそうかなって思う。
なんか禁欲やってイケイケなオラついたリザルトにコミットメントしてるパリピとは一線を画すというか。

基本的に無駄に十字架背負っていて、幸福ではあるんだけど探求というかまだその先にある何かを見えないながらに
手探りを続けて結構傷だらけになりながら登って行く様子はかっこいいと思う。かっこ悪いけど。
そのどっちかといえば繊細で内向的な方面に人に、リア充的な明るさがミスマッチだけど、追加装備されたって感じで。
で、人は多分その追加装備の方を見てやれ歓声を上げるかもしれないけど、僕はちゃんと見ているからな。
その築き上げたプロセスという幻想と、犠牲ともいえない犠牲の上に成り立っている自分でも驚くような結果であるってことを。

なのでマジの禁欲者を見つけた時は結構ココロオドル。
そいつが何日目とか何年目とかは知らないけど、それとわかる特徴がある。

いくつか世にいる禁欲系は、中でもいくつかにカテゴリ化されていて、
その中でも少数な芸術家肌っぽい人たちがいて、特に異彩放ってるなぁと思った1年。

え、オナ猿?いいんじゃないそれはそれで(笑)
2016/10/31(月) 01:27 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)
さて20日目を迎える前に振り返っておきましょう。

暗めな話かもしれん笑

20日前ではなくもう少し。
ここ2年間でですがだいぶエゴが育ったかなと思います。
かなり明らかな事象がたくさんあるので。。。
月日が経つにつれて少しずつ人と会って話したりするのが嫌になっていくんですよ。
その人が嫌いとかではなくて、単純に億劫なんです。

もう少し掘り下げると会いたいとか話したいという気持ちは、ある。
少なくともうつとか無気力とかではなさそうだ。ではなにか。

一つは自分の考えや気持ちをことばにして伝えるということの面倒さからで。
困難とかはもちろん当たり前なんですが、マジで面倒が先になってしまう。
そのくせ誰とも会ってないときは見えない誰かと対話している。
その対話を書き留めておいたりすると、それはそれで自分の中から出てきた言葉として形になってしまう。
という感じで? なんというか引きこもりがちになってしまってますね。
いや、毎日ガンガン外出してますし、年間何もせず家にいることは稀で出てなきゃいけないわけですけど・・・・
とにかく文章になってない言葉を話してしまうことも多かったですね。話すの慣れてないとこうなる。

二つ目は環境的なもんですね。
とにかく理路整然として、パッケージやフォーマットはわかりやすくかつ独自性を出すという環境があって
それと物理的に合わないなと感じた場所が相まってなんとも、まぁ一言で言うと疲れました・・・
疲れを癒せる憩いの場も幾つかあったんですが2年間で立て続けに閉鎖し、または移転改装で空気の感じが変わってよそよそしくなってで。。
慢性的にストレス状態でした。禁欲してても環境によっては普通に健康状態悪化しますw

三つ目は他人の話を聞けなくなってきたところですね。歳なんでしょうかw
いろんなフィルターを通してしまうんでしょう。無意識に。意識的に外すことしばしば。
けどもう色々な人の色々な感情とか信念とかね、どうでもいいって感じになってw
で、どうでもいいって思うとここは結構楽にパスしましたね(お?

「誰が自分をどう思っても構わない」
って吹っ切れば無理して何かの会に参加したり予定合わせたりしなくてもいいわけです。
標準的にみて付き合い悪いですが(飲み会とか大抵断る)それでも年に7,8回くらいは何かに参加してたんで、自分的には多いです。
でもま、他人が自分の会合の参加率なんてカウントしてるわけではないので、ここはヌルーしていいでしょう。
全員に嫌われても通行人とか犬が微笑んでくれればおつりがきた!くらいの根性で生きてます(相当病んでる)


------------------

で、レベルアップした部分としては無知の知ですね。
自分が知らないこと、知らないという空白の認識ができるようになったですね。
これって結構むずかしい。
他人は鏡、ではないですが無意識的に知らないことを卑下したり逆に小馬鹿にしたりする人がたくさん周りにいてそれで気づけました。
知っていることしか認識できない、スコトーマとかいう表現をよくされますが。
対象を区別して認識できない、ゲシュタルトではなくたんなる背景として認知するというか。
自分が知らないということ、認識できないということを認識することって言葉にはできないですが、感覚として高度だと感じました。
ソクラテスさん(今ググった)いいこといいなさる。

自分以外は全員賢いとさえ思えるようになりました。点線の上と矛盾してますねw
でも自分の歴史の中で他人を無条件に尊敬することと、ただの物体レベルとして重要性を最低限に下げるということが同居してることってなかったです。
実際のところ衝突するこの二つが同時にあるんだからすごい。

すげーっていうのとばかじゃんっていうのは絶対値同じなんじゃないんですかね。
他者を評価しているという点、その中間点に自分をおくという点で等価。
で、どっちにも偏らないという選択。
最後の最後に中間点の自分も取っ払えば完成しそうっすね。


-------------------

自分が全て選んでいる、というのはより高い視点からは誤りだということ。
つまり、今朝履いた靴下とか昨日買った歯ブラシを明日の朝使おうというようなレベルで、全ての未来を選び取ることはできないということ。
究極的には同じように選べるレベルがあるのでしょう。
でも僕はほら、すげーとばかじゃんの区別がつかなくなったくらいのレベルなのでw

たとえば必要とされるところに、全てが駒として配置されているという認識レベルがあります。
自分では選んだから。必要だから。そうするほかないから。選んできていると思ってます。
でも神の視座からすれば、より高いレベルでの整合性を意図している。


今の職場がうまく回っていて、自分がいなくてもほかの人がきて、希望の配属先に異動になる。
マクロな話ではそんなもんかもしれないし、引き寄せの法則大発動ッかもしれないですが。。
神の視座という意味ではもっと宇宙規模で原子核の位相までコントロール下なの?ってくらいのハイセンス。

当然人間の可視領域や可聴領域も同時に扱える思考や言語もめちゃ限られてるのでもっと深くて広い意図ということです。
(たまに全ての可能性を考えろとかいうけど、本当の意味ではまず無理。大体わかる範囲でヤバめな事案をいくつか挙げろ、くらいに捉えておk)
意図とか意識っていうと人間臭いけど、もっと神的なもの。
するとなんかふつうにヒトの脳が処理できるようなお告げなんて相当解像度落ちてるんじゃないか?と思うんですが
漠然とここじゃないな、とか今がそうか!っていうような感覚がありますよね・・・

そういう意味で、私は何も(ある意味)選べないという結論に今は至っています。


すごい救いようのない結論が並んでて感情状態はあまりよくないんですが、
すげーレベル上がったぜ、っていう感覚もあるのでここは受け入れておきたいな。






2016/01/29(金) 01:15 なんとなしに PERMALINK COM(0) TB(0)