10年振り返って色々あったんですが、まぁすぎてみればこれからかなぁという感じです。
つらつらと。

禁欲以降変わったことを思い返してみると結構顔変わったな、とさっき思いました。
なにも10年もかかったわけではないですw 最初の1、2年の間に片目が一重ぽかったのが二重になりました。
たしか高校入学当時の写真と大学受験の書類に必要な写真を見比べてびっくりしたことがあったので、1年半くらいの間です。
30日くらいやって、次140日やって、次が200日オーバーだった記憶があるのでその過程じゃないかなぁと。

ジョギング、豚肉と生姜食べまくる、エビオス亜鉛飲みまくり、筋トレ、ノート記録と大量のアウトプットとか
一気に今まで不足していた分を取り戻しにいったので今とはスタンス全然違いますね。スピリチュアルな感じもなかったし。
自己改善により毎日を〜は印刷して読んだりブックマークでオフラインで読めるようにしてたりしました。

目ぱっちりが定着して(子どもの頃に戻っただけですが)
あとは姿勢がわりと良くなったことですね。たまに指摘されます。


デメリットというか、10年やってみるとやっぱり素の部分の自分は出てきますね。
よく「思いもよらない言葉がぽんぽん口をついて出てくる」というのがありますが、
どちらかというと「いろんな思考が浮かぶから結局どれか一つを選ばないで冗長になるか言わない」という選択が増えました。
いやーなんか小賢しい大人になった感じがして嫌なんですが、そうじゃなくてプロセスを言語化することにエネルギーを注がなくなったんだと思います。
言葉よりひとつ上の段階にいることが多くなったんでしょうね。これはこれで子どもに逆戻りしてる感じ。
だからこうやってイメージ通りにただキーボード打ったり、ノートに書き綴るのはすごい楽です。意志伝達目的で喋るのはかなり根気がいる。

マイナス面を全部フラットにたたき上げて、その上でいろんな弊害とかデメリットとか恐怖があるなら、
それは本当に向かい合って、向かい入れていくべきものなのかなとも思います。一撃でバラ色になる人もいるでしょうけど。
浮き上がってきたのなら、より良好な状態の自分でうまく対処していけばいいんじゃないかなぁ。受け入れてしまえば今世でそれは終わり、って感じで。


長く何かにフォーカスすると結局回帰していくんじゃないかなぁと思います。
だから変化とか書いたけど、それはずっと持っていて日の目をみるのを待っていたのかなと。生きている以上、変化してるようにしか見えないけども。
体を持って生きていない視点を想像して見下ろして見れば、「あぁなるほどね」って感じになると思います。


まぁリアルに体結構酷使してがんばってもらっているんで、休めるときしっかり休んでおきます。
10年経ったってことは10年経っていて、良くも悪くも前とは違うんでしょうし。
もう十分いいけれど、良好なコンディションを保てるようにセルフメンテナンスは怠らずにいこうかと。
瞑想とか食べ物とか。

そーんな難しいことじゃないかなぁ人生は。けっこう楽しいです。わりと。


p.s.
2015年はわりとあれで、3回くらいリセットしてますね。秋冬に。しかも。仙道的にはアウト。
でもあれですね。10年ってことは閏年考えないでで3650日あるわけで。3/3650とか考えると無視できる数値です。
意図的リセットも事故も含めて30行かないかでしょうね。10年で。夢精の方が多そう。

夢精はたいてい空気よまないタイミングで「くるなよ、くるなよ。やっぱりくるんかい」ってなタイミングできますが、
昔はすげー鬱になってそのせいでなくなったスケジュールとか計画はたくさんありましたけど今はウェルカムです。

最高にいい幸せな行為ができて、付属的に射精もしたというのはダメージゼロでむしろ倍。
まぁ気回したいだけなら手繋ぐだけでOK。お腹どうし、背中どうし合わせるとかでも。目と目合わせるとか。
取られる、与えるを超えている境地もあります。そしてやはり大自然、海川空山大地は偉大です。

それと過度でない夢精(目安30~60日スパンでしょうか)はむしろメリットだらけです。俗に言うフェロモン効果はここで炸裂するかも。
ちょっと多めにオージャスチャージすれば全然プラス。意図的なリセットでも適切な対処をそれなりにすればプラスになりえます。

なんというか禁欲原理主義みたいに走らなくて、かなり許容的になれました。自分に甘いと他人も許せるんですよ。
基本はストイックなんでしょうけどね。しかも変なところに。まぁそんな自分好きなんでOK。

2016/01/07(木) 01:09 10周年 PERMALINK COM(0) TB(0)